平川市選挙管理委員会は31日、同日投開票の衆院選で小選挙区の投票用紙を二重交付した疑いのある事案が発生したと発表した。有権者1人に対し、小選挙区の投票用紙を2枚交付した可能性があるとしている。
 投票日の午前9時半から同10時の間に当該の投票所で定時の確認作業を行った際、小選挙区の投票用紙の残数が1枚不足していることが判明した。紛失、あるいは有権者1人に対し、投票用紙を2枚交付したとみられる。他の票と区別できないため、投票用紙と記載事項が正しければ有効票として取り扱われる。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。