弘前市教委は、来年度から、大学生ら奨学生への貸与月額を2万5000円から4万円に引き上げるほか、新たに奨学金返還の一部を免除する制度を導入する。13日、市役所岩木庁舎で教育委員会会議を開き、弘前市奨学金貸与条例施行規則の一部改正を報告した。
 対象者は大学や短大などの在学者、または入学予定者。条例の改正内容は(1)貸与月額を2万5000円から4万円に増額する(2)卒業後1年間を同市に居住し生計を営んでいるなどの条件をすべて満たした場合に最大24万円の返還を免除する-というもの。
 9月に条例を改正し、今月4日から新たな制度に基づき奨学生の募集を開始している。募集期間は11日22日まで。
 問い合わせは、市教委教育総務課(電話0172-82-1639)へ。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。