つがるにしきた農協(本店つがる市、泉谷利幸組合長)は14日、鯵ケ沢町赤石町のつがる白神1号倉庫で今年産の県産ブランド米「青天の霹靂(へきれき)」の初検査を行った。その結果、検査を受けた全量が玄米タンパク質含有率などの基準を満たしたことから、最高水準の1等米に格付けした。
【写真説明】青天の霹靂の整粒歩合などを調べる検査員

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。