新型コロナウイルス禍により2年連続で中止となった「古都ひろさき花火の集い」の代替として、「『希望の光』プロジェクト」が4日夜に弘前市内で行われ、1600発を超える打ち上げ花火が晩夏の夜空を照らした。
 ひろさき市民花火の集い実行委員会(佐々木裕和会長)が主催。集まって花火を楽しめない中でも人々に希望と元気を届けようと、クラウドファンディングで支援を募り実施した。
【写真説明】弘前の夜空を彩った「希望の光」プロジェクトの花火

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。