県は1日、県内の新型コロナウイルス新規感染者を過去2番目の多さとなる133人確認したと発表した。100人超えは5日ぶり。弘前保健所管内の私立中学校など県内で3件のクラスター(感染者集団)も発生した。県感染症対策コーディネーターの大西基喜氏は県内の感染状況について「(新規感染者数が)100人超える状況はしばらく続く可能性がある。病床も逼迫(ひっぱく)しており、大変厳しい状況」とし、「ここから1週間、感染拡大防止ができるかが大きなヤマ場」と見解を示した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。