新型コロナウイルス感染急拡大に伴う県の緊急対策を受け、黒石市では、毎年9月の黒石こみせまつり(今年は中止)に合わせ、こみせ通り商店街振興組合とまつり実行委員会が主体となって行うこみせ通りへのねぷた絵展示を10月に延期することにした。市や近隣市町村のねぷた絵師30人の作品展示に向け、1日から本格的な準備作業を行う予定だった。同組合の村上陽心理事長は「点灯式などイベント的な要素も含めていたので延期は仕方ないが、2年連続ねぷた祭りが中止となり、ねぷた絵師の活躍の場をなくしてはならない。必ず展示したい」と話した。
【写真説明】松の湯交流館に保管されている、こみせ通りに展示予定のねぷた絵。10月に延期となり、関係者は残念がっている

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。