防災の日の1日、弘前市と弘前市社会福祉協議会は「災害時におけるボランティアセンターの設置等に関する協定」を締結した。市社協は災害時に協力できるボランティアをあらかじめ募集、登録し、災害発生時に住民らの被災情報や被災者ニーズの把握、ボランティアと被災場所とのマッチング、派遣、活動の情報発信などの業務を担い、災害支援を行う。
 同日、市役所で締結式が行われ、桜田宏市長と市社協の山形正臣会長が協定書に署名した。桜田市長は「災害時の対応のみならず、市全体のボランティア活動の活性化策を早急に検討し、活動と支援をより充実させる必要がある。これまで以上に市社協と連携し、市民が安全に安心して暮らせるまちづくりに向けて社会基盤や環境整備に努める」とあいさつした。
【写真説明】災害ボランティアセンター設置、運営に関する協定を締結した桜田市長(左)と山形会長

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。