本県を代表するサッカー3チームによる対戦イベント「AOMORIスーパーカップ2021」(JFA、Jリーグ主催、県民共済特別協賛)が14日、プライフーズスタジアム(八戸市多賀多目的運動場)で開かれた。同じ県内のチームによるリーグの枠を超えた総当たり戦という国内初の試み。東北社会人リーグ1部のブランデュー弘前は、J3のヴァンラーレ八戸と1-1で引き分け、JFLのラインメール青森に0-1と惜敗。優勝はかなわなかったが、出場した選手からは「これからも続けてほしい」と継続を望む声が上がった。
 ブランデューは第1試合のヴァンラーレ戦で、小野敬輔選手が先制点を挙げるも、最後は格上の相手に意地を見せられ引き分け。第2試合のラインメール戦では相手に先制を許した後、守備から何度か好機をつくったが、ゴールを決め切れず惜敗した。
 会場では3チームの選手による子ども向けのサッカー教室や、RINGOMUSUME(りんご娘)によるパフォーマンス、県産品などが当たる抽選会なども行われ、来場者が楽しいひとときを過ごした。
【写真説明】ヴァンラーレ戦で先制ゴールを決めるブランデューの小野敬輔選手(右)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。