黒石高校家庭部の生徒たちが、黒石市大町の洋菓子店「おかしのオクムラ」(北山美希子店長)とコラボし、青森や黒石高校をイメージしたリンゴ入りカップケーキを開発した。カップケーキにトッピングされた青いアイシングやリンゴ型のチョコレートが目を引く商品となっており、生徒や学校関係者には2学期開始以降に販売。一般向け店頭販売は21日からで1個300円(税込み)を予定している。
 カップケーキは生地に刻んだリンゴのプレザーブ(砂糖煮)を混ぜ込み、食感とさっぱりとした甘さを楽しめる。上には同校の制服にも使われている「プリンセスブルー」を意識した青色のアイシングをトッピング。学校統合で新しくなった校章を焼き印したクッキーや細工用チョコレートで作ったリンゴも乗せ、黒石らしさあふれる商品になった。
【写真説明】黒石高校家庭部とおかしのオクムラがコラボしたカップケーキ。一般向けの店頭販売は21日から

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。