田舎館村スポーツ少年団「いなほキッズ」が青森市で開催された第41回全日本バレーボール小学生大会県大会女子の部でチーム初の優勝を飾った。出場メンバーが11日に鈴木孝雄村長に優勝を報告し、今後の抱負を述べた。
 いなほキッズは田舎館村や黒石市、青森市浪岡の小学生によるチームで2013年に発足し、今年から村スポーツ少年団になった。大会には中弘南黒地区第1代表としてシード権を得て準々決勝からの出場。第3セットまでもつれ込む接戦となった準決勝を制すと、その勢いのまま優勝をつかんだ。ただ、新型コロナウイルス感染拡大の影響で全国大会は中止が決まっており、残念ながら全国大会のコートに立つことはならなかった。
【写真説明】鈴木村長(前列左から3人目)に県大会優勝を報告したいなほキッズのメンバーら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。