フィンランド発のフードデリバリーサービス「Wolt(ウォルト)」の配達エリアが、8月中旬から弘前市に拡大される。市中心部を皮切りに30~40店舗でのスタートを見込み、現在参加飲食店を募集している。3カ月のトライアル期間もあり、代理店を務める「The Digital X合同会社」(本社弘前市)は「初期費用はテークアウト用容器代のみで参加しやすさがメリット。サポート体制も充実しているので、コロナで店舗での新規集客が難しい中、ぜひ試していただきたい」とする。
 Woltは、アプリを使って飲食店の食事を注文・配達するサービスで、本県では現在、青森市、八戸市をエリアに展開している。弘前市では駅前や鍛冶町など市中心部をエリアにスタートする予定で、すでに飲食店から問い合わせもあるといい、利用状況により、今後順次エリアを拡大する。
 Woltへ参加する飲食店の規模は問わない。受注用iPadが必要だが、トライアル期間3カ月は支払いは発生せず、注文用の商品写真はプロカメラマンが無料撮影するサービスもある。
 飲食店の参加等に関する問い合わせは、Wolt弘前代理店担当中村さん(wolt@thedigitalx.net、電話080-2832-1608)へ。配達員の募集はWoltで行っている。
【写真説明】Woltの弘前へのエリア拡大をPRする奈良岡和也さん

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。