改善整理コンサルタント協会(本社兵庫県、徳王美紀代表理事)は13日、青森市内でHACCP(ハサップ)の考え方に沿った小規模飲食店向けのオンライン衛生管理セミナーを開き、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点からもハサップ対応が有効として、導入を呼び掛けた。
 ハサップは食中毒などを防ぐ国際的な衛生管理の標準。国内で2018年に公布され、今年6月1日から完全施行となった。大規模事業者をはじめ、従業員50人以下の小規模事業者も導入する必要がある。
 今回は県内の小規模飲食店にハサップ導入を進めてもらおうと、行政や地銀、関係団体が協力してオンラインセミナーを開催。事業者の環境改善を専門とする同協会の徳王代表理事が講師を務め、事前登録を含めて県内約120人が視聴した。
【写真説明】約120人がオンラインで視聴したセミナー

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。