弘南鉄道弘南線を活用した体験型謎解きイベント「『勇者コーナンのナゾトキクエスト』~伝説の武具を探せ~」が10日、スタートする。全国でも珍しい地方鉄道を舞台としたもので、電車内や弘南線沿線に隠された秘密を解き明かしながら宝を探す。参加は無料だが、電車の運賃は必要。期間は11月7日まで。
 弘南鉄道活性化支援協議会利用促進部会主催のイベントで、弘南線活性化に向けた大型イベントとしては1回目の企画。
 謎解きのストーリーは、新米勇者ラッセル・コーナンが伝説の武具の在りかが書かれた宝の地図と暗号を発見。一人前の勇者になるため、伝説のよろい、剣、盾、かぶとを見つけ出す-というもの。四つの武具の名前が分かったら、弘前市観光案内所、黒石観光案内所、平川市観光協会のいずれかで報告するとイベントをクリアしたことになる。
 全ての謎を解くと、ゲームの購入に使えるプリペイドカードや自宅で遊べる謎解きキットが当たる抽選に参加することができる。子どもでも参加できるように難易度を設定しているが、分からない場合は「ヒント提供所」を利用することができる。
 参加者は弘南線弘前駅、平賀駅、津軽尾上駅、黒石駅、大鰐線中央弘前駅、道の駅いなかだて「弥生の里」で、謎解きの問題などが書かれた冊子を手に入れるか、イベントホームページ(https://bouken-works.co.jp/event/konan/)からダウンロードすること。冊子は無料で手に入れることができるが、弘南線の列車内や駅構内、駅周辺に問題があるため、電車の運賃が必要。
 同部会事務局は、多くの人に参加してもらえるよう、弘南線沿線4市村にある全小学校の児童にイベントの冊子を配布している。
 事務局担当者は「普段鉄道を利用しない方にも、イベントをきっかけに鉄道や沿線の魅力を再認識してもらうことで、地元鉄道の活性化につなげたい」としている。
【写真説明】10日に始まるイベント「勇者コーナンのナゾトキクエスト」のポスター