弘前市百沢の岩木山神社で30日、半年のうちに積もった罪穢(つみけがれ)を払う「夏越(なご)しの大祓(おおばらえ)式」が行われた。新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、昨年に引き続き神職と職員のみで執り行い、茅(ち)の輪をくぐるなどして無病息災を祈願した。
 同神社の大祓は毎年6月末と12月末に行われる伝統の神事。「夏越祓(なごしのはらえ)」の名で親しまれる6月の儀では、アシガヤで作られた大きな茅の輪をくぐり、延命長寿や除災招福を祈る。
 青森地方気象台によると、この日の弘前市の最高気温は30・1度と今年2度目の真夏日を記録。照り付ける日差しの下、神職らが「蘇民(そみん)将来」と唱えながら茅の輪を3回くぐり、ゆっくりと拝殿へ移動。大祓詞が読み上げられた後、全国から寄せられた罪や穢れを移した人形(ひとがた)や車形を祓うなどをした。
【写真説明】「蘇民将来」と唱えながら茅の輪をくぐる神職ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。