津軽地域で中華レストラン、ラーメン店を運営する幡龍(鶴田町)は、ギョーザなどの主力商品を冷凍自動販売機で提供する試みを始めた。関係業者によると、県内2例目で津軽エリアでは初導入。新型コロナウイルスの影響で飲食店が売り上げ確保に苦戦する中、非対面式の24時間無人販売で商機につなげようとしている。
 自販機は幡龍が運営する藤翔製麺(藤崎町)に設置。ギョーザ4人分(20個、1000円)のほか、つけ麺や味噌(みそ)ラーメン、中華そばも販売している。
【写真説明】幡龍が導入した冷凍自動販売機

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。