弘前市内の雇用機会の創出を目的とした「企業説明会・仕事体験会」が22日、同市のヒロロ4階市民文化交流館ホールで開かれた。社会福祉法人や介護サービス事業所、警備会社など7社が参加。企業側は企業説明を行ったほか、求職者に仕事内容を簡単に体験してもらうなどして理解を促した。
 介護事業のケアパートナー弘前は、求職者に歩行介助や車いす介助を実際に体験してもらい、仕事内容を説明。介護サービス利用者の中には視覚障害者もいることから、目隠しをした人の介助体験も行った。
 このほか求職者に対して、同会場で開催する「ひろさき就職説明会・面接会」(7月13日)、リンゴ園の作業員を募集する求人説明会・ミニ面接会(同30日)への参加を呼び掛けた。
【写真説明】視覚障害者役のスタッフ(左)の介助を体験する参加者

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。