弘前市は17日、新型コロナウイルスワクチンの12~64歳向け接種について、接種券の有無にかかわらず、職場単位での先行予約を段階的に受け付ける「弘前方式」の体制を取ると発表した。まずは23日に、介護・障害福祉サービスなどの職員と家族、柔道整復師・鍼灸(しんきゅう)師、保育所・幼稚園などの職員、小中高の教職員を対象に職場単位での予約受け付けをスタート。30日にはその他の職場単位で、7月7日以降は家族単位での予約もそれぞれ受け付ける。予約混雑を緩和して医療機関の負担を減らし、接種を加速させたい考えだ。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。