「スマート農業で田植えも楽ちん!」。黒石市の県産業技術センター農林総合研究所で5月31日、「ロボット田植機」による自動運転田植え作業の様子が報道各社に公開された。同研究所は農作業の省力化や効率化などに役立つ最新のスマート農業機械を導入し、今年度から本格的な研究を行っており、成果は発表会や体験会などを通じて生産者に還元される。
 公開されたロボット田植機(8条植無人仕様)は、クボタが開発した。GPSを使用し、人工衛星や基地局から発信された電波で田植機の位置情報を把握。直進、旋回を自動で行い、人が乗らない状態で田植えを行うことができる。前年の収量、食味データを入力すれば、これらのデータに基づく施肥マップに沿って、施肥量を自動的に調節しながら、翌年以降の田植えを行うことができる。
【写真説明】GPSを使って自動で田植えを行うことができるロボット田植機

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。