弘前市の岩木山麓、百沢温泉の程近くに、知る人ぞ知るメープルシロップの直売所がある。同市の元自衛官相馬芳廣さん(69)は、定年退職後に山林を買い取り、1人で蜜の採取からシロップの製造・販売まで行う。山好きが高じて1週間のほとんどを山で暮らしており、現在は新たな取り組みとして、直売所裏の雑木林を、山ならではの体験ができる体験型キャンプ場として整備中。来春のオープンを目指している。
 メープルシロップ直売所は、土日祝日のみ、午前9時~午後3時の営業。
【写真説明】相馬さんが1人で製造しているメープルシロップ(80グラム入り税込み2000円)=写真上=、体験型のキャンプ場を整備中の相馬さん=写真下=

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。