三村申吾知事は10日、県庁で全国知事会による新型コロナウイルス緊急対策本部のテレビ会議で、市町村が地域の実情に応じて新型コロナワクチンの接種順位を判断できるよう要件の緩和などを求めた。
 本県では、青森市を中心に福祉施設や保育施設など施設クラスター(感染者集団)が相次いでおり、三村知事は「施設等従事者、入居者に優先的に接種できるようにするなど、市町村が地域の実情に応じて適切な対応を実施できるよう求める」と述べた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。