県は7日、弘前保健所管内の新型コロナウイルス感染者1人から感染力が強いとされる変異(N501Y変異)を持つウイルスが確認されたと発表した。感染力に影響のある変異株の県内確認は初。同日は弘前や青森市など4保健所管内で20~80代以上男女11人の新たな感染が確認され、上十三管内で新たなクラスター(感染者集団)が発生した。同クラスターは趣味の場を共有する5人で、関連を含め9人の感染を確認。県内で確認された感染者は累計1119人となった。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。