鯵ケ沢町本町の魚介類卸・製造加工業の竹太商店(滝渕慎一社長)が3月から、深浦町岩崎産ベニズワイガニのテスト加工に取り組んでいる。水揚げ直後に脚と甲羅などを分離する加工処理を施し、冷凍することで鮮度を保った状態で出荷しようというもの。6日は朝から滝渕社長や従業員が、加工作業に勤しんだ。
 カニは鮮度が落ちやすく、水揚げした船で加工、冷凍する手法が最も鮮度が良いとされるが、県外商社から受託で同社が行っているテスト加工は、水揚げ直後に地元で加工し、品質維持の状態などを確認するとともに外食需要の喚起を目指すのが狙い。
【写真説明】山と積まれたベニズワイガニを加工する滝渕社長

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。