県内で無農薬栽培されたタデ藍「あおもり藍」から抽出したあおもり藍葉エキスが、新型コロナウイルスへの感染予防効果を持つ可能性が高いことが12日、分かった。研究を行った弘前大学大学院医学研究科の中根明夫特任教授らが会見を開いて明らかにした。あおもり藍については、同大などがすでに抗インフルエンザウイルス効果を発見しマスクや抗菌スプレーなどに応用されているが、今後新型コロナ感染予防への有効性も期待される。
 今回の研究では、新型コロナと同じベータコロナウイルス属の風邪ウイルス「ヒトコロナウイルスOC43」を用い、増殖させたヒトコロナウイルスと原液を1000倍に薄めたあおもり藍葉エキスを1時間混合し、ヒト回盲腺癌(がん)細胞株に感染させ、2週間かけて残存している感染性ウイルス量を測定。その結果、あおもり藍葉エキスを加えなかったものと比べウイルス量は大幅に減少し、高い不活性化効果が見られた。
 ヒトコロナウイルスはこれまで7種類が発見されており、今回実験に使ったヒトコロナウイルスOC43に有効であれば、同じグループに属する新型コロナウイルスにも有効であると考えられるという。
 中根特任教授は「メカニズムについてはこれからだが、あおもり藍にはいろんな成分が含まれており、一つの物質が効いているというよりは総合的な作用として効果があるのではないかと考えている」と話した。
【写真説明】研究成果について会見する中根特任教授(左から2人目)ら=写真上、マスクなどあおもり藍を使った商品化も進んでいる=写真下

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。