県は23日、弘前保健所管内に住む60代女性1人の新型コロナウイルス感染が新たに判明したと発表した。女性はクラスター(感染者集団)が発生した黒石あけぼの病院(黒石市)の職場関係者。同病院のクラスターは関連を含めて61人となった。県内で新規感染者が確認されたのは17日以来、6日ぶり。
 女性は12日の検査で陰性だったが、21日に発熱などの症状が出て再度検査したところ、22日に陽性が確認された。同病院のクラスターは48人(入院患者27人、職場関係者21人)で、家族など関連を含め61人となった。
 同病院に関する検査は約590人が終了しており、陽性が判明した61人以外は全員陰性。
 23日午後4時半現在、県内の入院者は39人で、うち中等症が11人。宿泊療養者は3人。感染者は累計で813人となった。