弘前市の弘前公園で22日、桜の剪定(せんてい)が始まった。市公園緑地課の職員約30人が枯れ枝などを切り落とし、今年も“日本一の桜”を咲かせようと作業に精を出した。例年、来園者に剪定枝を配布しているが、今年は新型コロナウイルス感染予防のため行わない。
 初日は二の丸の下乗橋付近で作業を開始。職員は「弘前方式」と呼ばれる桜の管理技術に基づき、長柄ののこぎりやチェーンソーで不要な枝を切り落とした。
 昨春は新型コロナ感染拡大の影響で弘前さくらまつりが中止となり、公園も閉鎖された。同課統括主査で樹木医(桜守)の橋場真紀子さんは「私たちにできることは桜をきちんと管理してきれいな花を咲かせること。どういうことがあっても『桜を伝えていく』という気持ちで作業に当たっている」と語った。
 3月下旬にかけて、園内にある52種約2600本の桜を剪定する。
【写真説明】弘前公園二の丸で桜を剪定する職員=22日午前9時5分ごろ