第99回全国高校選手権大会で準優勝に輝いた青森山田高校サッカー部に20日、県褒賞が授与された。選手たちは惜しくも決勝で敗れたことに悔しさを口にしたが「来年こそは優勝旗を持ってきたい」と雪辱を誓った。
 県庁で行われた県褒賞の授与式には、同部の選手4人と黒田剛監督、花田惇校長が出席。黒田監督は「王座奪還を掲げ、重い重圧の中で選手たちは頑張ってくれた。来年の第100回大会に向けチームを鍛え直して、次は優勝旗を持ち帰りたい」と話した。
【写真説明】県褒賞が授与された青森山田高校サッカー部の選手ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。