県は19日、農林水産品の生産や販売で収益力向上や地域活性化の成果を上げた団体などをたたえる「県攻めの農林水産業賞」の表彰式を県庁で行った。農山漁村づくり部門の大賞には、弘前市の農事組合法人「しみず」が輝いた。
 しみずは、遊休農地再生や農地集積を進めて大豆を主体にニンニクなどを組み合わせた複合経営を実践するとともに、リンゴ農家の農閑期の収入確保や農作業体験を通じた子どもの育成などの幅広い活動で、地域活性化に貢献していることが評価された。
 三村申吾知事は「取り組みのさらなる前進をお願いしたい」と激励。表彰状を受け取ったしみずの石山容子代表理事は「これからも地域と協力しながら取り組みたい」と決意を新たにした。
【写真説明】三村知事から表彰状を受け取る石山代表理事(右)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。