弘前市の7ライオンズクラブ(LC)は17日、恒例となっている合同の街頭献血を弘前市のイオンタウン弘前樋の口で実施し、血液不足の解消に向けて献血への協力を呼び掛けた。
 この日はО型とA型が不足の傾向。また冬場に加え、新型コロナウイルスの影響で献血者が減っているが、当日は開始早々から市民がひっきりなしに献血に訪れた。
【写真説明】イオンタウン弘前樋の口で献血を呼び掛けるライオンズクラブのメンバー

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。