官製談合防止法違反の疑いで逮捕、起訴された関和典前村長(53)の辞職に伴う村長選の日程が16日、決まった。告示日は2月16日、投開票日は同21日。告示まで1カ月に迫る中、村内では候補者擁立に向けた動きが活発化している。
 関前村長は昨年12月3日、官製談合防止法違反の疑いで逮捕、同24日に同法違反などの罪で起訴された。さらに同日と今月14日にも同法違反の疑いで再逮捕された。
 事件を受け、村議会は昨年12月に関前村長宛てに進退の決断を促す文面などを送付。関前村長は今月13日に一身上の都合を理由に辞職届を提出し、村議会は15日の臨時会で同日付の辞職を全会一致で決めた。
 これを受け西目屋村選挙管理委員会(三上幸雄委員長)は16日、村役場で次期村長選の日程を決定。立候補予定者説明会は2月2日午後3時から、村役場で開く。
 次期村長の任期は2月21日~25年2月20日の4年間。同村の選挙人名簿登録者数は20年12月1日現在、1158人(男543人、女615人)。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。