プロバスケットボール・Bリーグ2部(B2)の青森ワッツは16日、弘前市の県武道館で第9節第1戦に臨み、東地区3位の越谷アルファーズに86-91で惜敗。連敗を止めることができなかった。今季通算4勝25敗。
 ワッツは第1クオーター、越谷のインサイドからの攻撃を防ぎ、下山大地やジョシュア・クロフォードらの活躍で11点差をつけた。勢いを保ちたかったワッツだが、第2クオーターでフリースローを与え、逆転を許して折り返した。
 第3クオーターも越谷にシュートを許す機会が多く、序盤でつかんでいた流れを断ち切られる。最終クオーターで持ち直し、終了直前まで粘るも、失点を巻き返すことができなかった。
 第2戦は17日、同会場で行われる。
【写真説明】ワッツはインサイドで池田祐一(中央)らが活躍し接戦を繰り広げた=県武道館

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。