五所川原第一高校の1年生4人が考案したお焼きが16、17日の2日間、五所川原市姥萢の浅草焼五所川原エルム店で販売されている。県産リンゴ「ふじ」を使ったリンゴカスタードクリームにしゃきしゃきとした食感の果肉がアクセントになっている。1個税別90円で、1日100個限定。
 商品開発をしたグループは、浅草焼五所川原エルム店と連携してオリジナルお焼きの開発を企画。昨年10月ごろから着手し、生徒自ら店に足を運んで打ち合わせを重ねた。お焼きにはリンゴの形の縁取りの中に「五一高」の文字が入った焼き印が押されている。
 プロジェクトの先導者である同校の三國佑太教諭は「地域を学びの場にしたいと思いこのプロジェクトを実施した」と話し、お焼きの購入も呼び掛けた。
 同店の営業時間は午前9時~午後6時。
【写真説明】「五一高」の焼き印が入ったリンゴカスタードクリームのお焼き

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。