西目屋村議会は15日、臨時会を開き、官製談合防止法違反の疑いで逮捕、起訴された関和典村長(53)の辞職に全会一致で同意した。関村長は同日付で辞職し、村選挙管理委員会は後任を選ぶ村長選の日程を16日に決める方針で、村長選は来月にも行われる見込み。
 公選法では、首長が議会の議長に退職を申し出た場合、議長は5日以内に選挙管理委員会に通知し、選管は通知を受けた日から50日以内に選挙を実施することが定められている。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。