2月2~5日に長野県野沢温泉村で開催される全国中学校スキー大会(全中)。昨大会の女子純飛躍で1年生ながら準優勝し、今年は優勝に期待が懸かる藤元彩子選手(金木中2年)が15日までに、五所川原市内で本紙取材に応じ、意気込みを語った。練習するジャンプ場が県外のため冬場の練習は週末に限られるが「今季はとても調子が良い。優勝を狙って頑張りたい」と気合十分だ。
 練習は主に秋田県内で行っている。夏場は平日も遠征するが、冬場の実戦練習は週末のみ。平日は筋力トレーニングやランニング、イメージトレーニングを行い全中に備えている。昨大会の優勝者は卒業したため、今大会での上位入賞の期待は大きい。実力を付けている北海道勢をライバルとしてにらみつつ、優勝を目指す。
【写真説明】「優勝を狙って頑張りたい」と意気込む藤元選手=13日、嘉瀬スキー場

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。