エフエム青森(青森市)の子会社「AFBデジタルエンタテインメント」(栗田淳一代表取締役社長)は、デジタル関連の人材育成スクールを全国展開するデジタルハリウッド(本社東京都)と提携し、4月1日、北東北で初となるスクール「デジタルハリウッド STUDIO 青森」を青森市内に開校する。受講生はウェブデザインや動画制作、編集のスキルを基礎から学ぶことができる。
 13日は青森市で栗田社長とエフエム青森の桜田昌孝代表取締役社長が記者会見。オンラインで出席したデジタルハリウッドの廻健二郎取締役COOがスクールの概要を説明した。
 各コースの受講代は45万円(税抜き)。説明会は毎週火、木、土曜日に予約制で実施、オンライン説明会にも対応する。問い合わせ、説明会の申し込みは開校準備室(電話0120-54-0015)へ。
【写真説明】4月に青森市で初開校する「デジタルハリウッド STUDIO 青森」について記者発表する栗田社長(右から2人目)と桜田社長ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。