県は13日、県内で10~80代以上男女13人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県内で唯一感染者が確認されていなかったむつ保健所管内でも1人の感染を確認。3人は県内外の移動に関係した感染者だった。県内の感染者は累計で582人になった。
 感染者の居住地の内訳は、弘前保健所管内7人、八戸市2人、青森市、上十三、むつ管内、関東地方在住が各1人。弘前管内の高校で発生した学校クラスター(感染者集団)関係の感染者はいなかった。
 13人のうち、弘前管内の10代3人を含む10人は、これまでに発表されている感染者の同居人など。このうち弘前管内で同居する50代女性と80代以上男性の2人は、本県以外の東北地方居住で年末に県内入りした20代男性感染者の濃厚接触者として検査で陽性が判明しており、県は県外感染者からの感染が濃厚とみている。
 上十三管内で感染の届け出が出された20代男性は関東地方居住で、7日に県内入りした。
 弘前管内の40代男性とむつ管内の30代男性は感染経路が分かっていない。
 13日現在の入院者は34人で、重症1人、中等症8人。重症者1人が療養が完了して一般病棟に移ったため、前日より1人減った。宿泊療養者は23人、自宅療養者は3人、入院等調整中は9人。