障害者の社会復帰支援などに取り組む弘前市の「つがるねっと」(貴田岡武代表取締役)の利用者が、同市の津軽塗職人舘山次郎さんの指導を受けながら、津軽塗の雑貨を制作している。コンセプトは生活に与える「プラスワン」の彩り。マドラーやアイスクリーム用へらなど、使い捨てられがちな雑貨を津軽塗でカラフルに彩っているのが特徴だ。
 販売しているのは、つがるねっとが運営する就労継続支援B型事業所「つながり芸術館バナナの樹」。市役所内の障害者就労支援アンテナショップ「hug wоrk(ハグワーク)」でも取り扱っている。
【写真説明】アイスクリームのヘラやマドラーなど、日常生活を彩るカラフルな雑貨としての津軽塗

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。