第99回全国高校サッカー選手権で準優勝に輝いた青森山田高校の選手たちが12日午後に帰青。生徒や教職員ら約300人が、県民の期待を背負ってピッチで輝いたイレブンを出迎えた。
 選手を乗せたバスは午後4時40分すぎ、同校に到着。職員玄関前で黒田剛監督と藤原優大主将(弘前市出身)らが、花田惇校長や青森山田学園の岡島成行理事長らに大会結果を報告した。
【写真説明】準優勝を報告する藤原主将(中央)ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。