サッカーの第99回全国高校選手権大会は最終日の11日、さいたま市の埼玉スタジアムで決勝が行われた。2年ぶり3度目の優勝を目指した本県代表の青森山田は山梨学院(山梨)と2-2のまま延長を終えたが、勝負を決するPK戦で敗れ、2年連続で準優勝となった。青森山田は藤原優大主将(弘前市出身)が後半に同点ゴールを決めるなどして一時勝ち越したが、終盤で追い付かれ、勝ち切れなかった。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。