王座奪還を掲げた青森山田の挑戦は、PK戦で敗れ再び準優勝という結果に終わった。黒田剛監督は言葉を選びながら「サッカーの怖さを知った。相手はシュート2本で2点。受け入れられない部分もある」と悔しさをあらわにした。
 先制点は許したが、ほぼゲームを支配。後半途中に勝ち越すと、その後も相手ゴールに迫った。それでも目の前の優勝カップには手が届かなかった。
 藤原優大主将(3年、弘前市出身)は「たくさんのチャンスを決め切れなかったのは実力不足だから。去年悔しい思いをしてから1年。(優勝に)こだわってきたつもりだったが、『つもり』だった。結果に出なければ何の意味もない」と厳しい言葉を続けた。
 センターバックの自分にマークが付くなど、山梨学院のゲームプランに戸惑いもあった。それでもセットプレーに絡んで好機を演出し、ヘディングシュートがゴールポストに当たる惜しい場面もあった。
 「まだ、こだわれる部分があった。詰めも甘かった。今は後輩に頑張れと素直に言えない。何か心残りがある」と複雑な心境をのぞかせた。
 次回の選手権は100回記念大会。黒田監督は「2年生も多く期待したい。来年、決勝に戻ってリベンジしたい」と先を見据えた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。