青森山田高校が昨年果たせなかった王座奪還を誓って挑んだ11日の全国高校サッカー選手権大会決勝。同校体育館には9日の準決勝に引き続き、同校と青森山田中学校のサッカー部の生徒ら約330人が集まり、雪深い青森市から選手に声援を送った。試合は一進一退の好ゲームとなり、PK戦までもつれ込んだが、最後は一歩及ばず。試合終了時は頭を抱え、悔し涙を見せる生徒もいたが、最後は大きな拍手で仲間の健闘をたたえた。
【写真説明】学校で熱のこもった応援を展開し、惜敗に悔し涙を見せる生徒ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。