青森山田は惜しくも王座奪還はならなかった。しかし、主将としてチームをけん引した藤原優大選手(弘前市出身)がかつて所属した「リベロ津軽SC」の選手たちは、偉大な先輩の堂々とした戦いぶりをたたえ、後に続くことを誓った。
 この日、五所川原市内で交流試合を行っていたU-15セカンドチームの広瀬清選手(13)=弘大附属中=も「チームをまとめられ、体格の良い相手にも負けない藤原選手のようなプレーヤーになりたい」と語った。
【写真説明】藤原選手を目標に、交流試合に汗を流すリベロ津軽SCの選手たち(赤いユニホーム)=11日、五所川原市

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。