県は10日、八戸市保健所管内で新たに80代以上女性と50代男性の計2人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県内の感染者は累計で561人となった。
 県や八戸市によると、女性は、いずれもすでに感染が判明している60代女性の同居人で、30代男性の知人。最初の検査では陰性だったが、検体採取後にのどの痛みやせきの症状が出たため2度目の検査を行ったところ、陽性と判明した。三沢市の飲食店クラスター関連の感染者で、同クラスター関連感染者は計19人となった。
 50代男性は3日までの7日間、関東方面に滞在していたという。
 10日午後4時半現在、県内では40人が入院しており、このうち重症が2人、中等症が1人。このほか、宿泊療養者36人、自宅療養者4人。