県内の農業や農村の環境保全活動の推進を後押しする県多面的機能支払推進協議会(油川潤一会長)は8日、青森市内で活動組織リーダーの集いを開いた。子どもたちが描いた農村風景の絵画コンクールなどの表彰や講演などが行われ、参加者約200人が農村資源の価値を再認識した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。