大鰐町の特産品「大鰐温泉もやし」を使ったラーメンのスタンプラリーが、町内の食堂や飲食店など6店舗で始まった。全店を制覇した人には抽選で町特産品の詰め合わせギフトを進呈。ラーメンの味付けはしょうゆや塩、甘酒みそなどさまざまで、企画した事務局の渋谷敏志さんは「バリエーション豊富なもやしラーメンを堪能して」とPRしている。2月21日まで。
 対象店舗は、山崎食堂(ラーメンはしょうゆベース)、いこい食堂(同)、さかえ食堂(同)、町地域交流センター鰐come内のうぇるかむ(同)、同施設内の花りんご(しょうゆベース、みそベース、甘酒みそベースの計3品)、朝日屋日景食堂(塩ベース)の6店舗。
 専用の応募はがきを各店や弘南鉄道の主要駅、JR大鰐温泉駅などに設置しており、ラーメン1杯につきスタンプ1個を押印。全店制覇の上、必要事項を記入したはがきを各店店頭の応募箱に投函(とうかん)もしくは鰐come内の事務局へ郵送した人の中から、10人に1万円相当、60人に5000円相当のギフトを贈る。
 渋谷さんは「ラーメンはしょうゆベースの店が多いが、その中にも違いがあり食べ比べが楽しいので、ぜひ試してほしい」と呼び掛けている。問い合わせは事務局(電話0172-49-1126)へ。
【写真説明】花りんごで提供するしょうゆベースのラーメンを手にする鰐comeの千葉譲料理長

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。