県は8日、20~60代男女9人の新型コロナウイルス感染を新たに確認したと発表した。うち、弘前保健所管内の高校で発生したクラスター(感染者集団)関連の感染者は1人。県内の感染者は累計554人になった。
 9人の居住地は、弘前管内と青森市が各1人、八戸市4人、上十三管内3人。
 弘前管内の40代女性は、高校で発生したクラスターの二次感染者。昨年12月30日の検査では陰性だったが、再度検査したところ、陽性と確認された。このクラスターの感染者は48人で、同居人など関連を含めると60人となった。
 上十三管内の20代男性と八戸市の60代女性は、三沢市の飲食店クラスターの二次感染者。同クラスターの感染者は12人、関連を含め18人となった。
 上十三管内の20代男性と八戸市の50代男性、同市で同居する40代女性と20代女性は、これまでに県が発表している感染者の知人や同居人。
 青森市の40代男性と上十三管内の別の20代男性は経路不明。
 同日現在の入院者は41人で、うち重症2人、中等症2人。宿泊療養者44人、自宅療養者3人、入院等調整中7人。