7日は「七草」で知られる五節句の一つ「人日(じんじつ)」。春の七草を刻んで入れたかゆを食べると、一年間を無病息災で過ごせると言われる。6日は県内各地のスーパーに七草セットなどが並び、市民らが買い求めた。
 春の七草はセリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ(ハコベ)、ホトケノザ、スズナ(カブ)、スズシロ(ダイコン)の7種類。
 弘前市のユニバース堅田店では昨年12月31日に七草コーナーを設置。七草セットに加え、フリーズドライやレトルトの商品も好評だという。
【写真説明】ユニバース堅田店に設置された七草コーナーで商品を手に取る買い物客

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。