サッカーの第99回全国高校選手権第3日は3日、東京・駒沢陸上競技場など首都圏4会場で3回戦の8試合が行われ、前回準優勝の青森山田が4―2で帝京大可児(岐阜)を下し、準々決勝に進んだ。5度の優勝を誇る市船橋(千葉)は仙台育英(宮城)、前回8強の昌平(埼玉)は創成館(長崎)にそれぞれ3―0で快勝した。
 逆転勝ちしたものの不本意な試合運びとなった青森山田。黒田剛監督は「勝つことが一番重要。次の試合につながる教訓にしたい」と言葉を選んだが、守備の要でもある藤原優大主将(弘前市出身)は「山田のサッカーを発揮できずに3回戦まで終わってしまった。こんなもんじゃない」と悔しさをにじませた。
 試合は「先制点を許したことで難しくなった」(黒田監督)。前半終了間際に逆転したものの、後半は中盤の枚数を増やした帝京大可児(岐阜)に主導権を握られた。
 藤原主将が強調するのは守備の“強度”が発揮できていないこと。青森山田の伝統はハードワーク、球際の強さ、攻守の切り替え。それを選手権という大舞台で発揮するため3年間、打ち込んできた。
 「チームとしてうまくいっていないが、1日休みがある。もう一度話し合い、これまでやってきた山田のサッカーを再現したい」と立て直しを誓った。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。