プロバスケットボール・Bリーグ2部(B2)の青森ワッツは2日、青森市のマエダアリーナで第15節第1戦に臨み、西地区3位のライジングゼファー福岡に68-87で完敗。年明け初戦を白星で飾れなかった。今季通算3勝22敗。
 ワッツは福岡の堅い守りに苦戦し、攻撃のリズムをつかめないままターンオーバーから失点を重ねた。第1クオーターは5点差でしのいだものの、第2クオーターで22失点を喫し、一気にリードを広げられた。
 第3クオーター序盤は攻勢を仕掛けて追い上げたものの、勢いは続かず。最終クオーターは相手の得点を上回ったが、それまでの失点が響き4連敗となった。
 第2戦は3日、同会場で行われる。
【写真説明】第4クオーターでレイアップシュートを決めるワッツの池田(中央)=マエダアリーナ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。