五所川原市の五所川原駅(播磨屋健司駅長)をはじめとする市内4施設は、住民や利用客が明るく元気に新年を過ごせるようにと、五所川原特有のアマビエ系キャラクター「アマビエムッシー」が描かれた祈願袋4種類を来年1月1日から各施設でお年玉としてプレゼントする。いずれも先着50人。
 新型コロナウイルスに明け暮れた2020年、地域の観光関連施設はいずれも大打撃を受けたが、それでもアフターコロナを見据え努力している。今回の企画は正月ならではの企画として同駅が発案。アマビエムッシーのデザイナーの快諾を得た上で津軽鉄道、立佞武多の館、斜陽館と合同で行う。祈願袋はお守り風のデザインで、施設ごとにカラーやデザインが異なる4種類を用意。五所川原駅は額装した大型立佞武多の写真、津鉄は「つてっちー」のイラスト入り乗車記念券、立佞武多の館は大型立佞武多「暫(しばらく)」(来夏完成予定)のしおり、斜陽館は「太宰名言しおり」をそれぞれセットにする。
【写真説明】五所川原市内4施設が個数限定で配布する4種類の祈願袋(下)。立佞武多の写真やしおりなどもセットでもらえる

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。