平川市は29日、新型コロナウイルス対策本部会議を開き、弘前保健所管内で発生した県内初の学校クラスター(感染者集団)を踏まえ、来年1月10日に予定していた成人式を8月中旬に延期することなどを報告した。新成人と家族、市民の健康と安全を考慮したもの。
 会議では新型コロナの概況について情報共有。成人式の延期を対象者に文書で通知するほか、市ホームページなどでも告知。延期により生じたレンタル衣装のキャンセル料は3万円を上限に助成するという。
 このほか、市内小中学校には健康観察を指示し、部活動や学校開放を1月11日まで中止。市内の文化・スポーツ施設8施設(冬期間閉鎖の屋外施設を除く)は4~11日を臨時休館とし、イベントも11日まで中止する。